履歴書に関するノウハウをリクナビNEXTでチェック

人事選考では、履歴書は間違いなく重要なポイントになります。そもそも一部の求人では、書類選考があると明示されているでしょう。その際には履歴書の情報も、確認される事になります。

その書類に関する不安がある時には、リクナビNEXTを参照してみると良いでしょう。

1.選考に関わる履歴書の基礎事項を知りたい

上記の書類選考ですが、まず履歴書が充実していないと面接を受けられない可能性があります。書類確認の段階で不採用になってしまえば、もちろん面接を受ける事もできません。

ですので書類の充実度は、とても大切なのですね。ただ自分の書類に関する問題点などは、なかなか分からない事もあります。それゆえに書類に関する注意事項などを、知っておきたいと思う事もあるでしょう。

2.リクナビに掲載されている書き方に関するポイント

それでリクナビNEXTには、履歴書に関する基本的な事柄などは明記されています。具体的に申し上げると、

・修正液の利用可否
・文字数に関する注意点
・志望動機などのポイント

こういった情報が掲載されています。自分で履歴書を書く前に、まずはリクナビに掲載中のこれらの情報を読んでみると良いでしょう。

3.修正液や文字数などに関するポイント

まず多くの方々がミスをしてしまいがちな、修正液ですね。時には書き損じてしまう事もあるでしょう。しかし履歴書は、修正液は利用不可です。どれだけ履歴書に書いた内容が魅力的でも、修正液を用いているだけで不採用になってしまう事もあります。

それがリクナビに、Q&A形式などで書かれている訳です。それと上記2点目の文字数ですが、リクナビとしてはあまり多すぎるのは良くないと明示しています。だらだらと長く書いてしまいますと、企業にとってはマイナスイメージになるからです。

4.志望動機に関することを読んでおく

それと多くの企業担当者が重視するのは、志望動機です。その動機に説得力があるかどうかは、かなり重視される事になります。それでリクナビNEXTでは、志望動機の書き方なども明示してくれています。

どのように動機をまとめれば良いか、端的にポイントが書かれていますので、一読をしておくと良いでしょう。そのために必要な自己分析の方法なども、リクナビには掲載されています。

履歴書にツカエル!会社に対する志望動機サンプル文例【リクナビNEXT

添削のサービスは無い

このようにリクナビNEXTには履歴書の書き方に関する様々なノウハウが書かれていますので、読んでおくと良いでしょう。ただ1つ注意すべきなのは、リクナビには履歴書添削のサービスはありません。

いわゆる人材紹介会社とは少し違うサービスになります。履歴書はあくまでも自力で作成する事になるのは、要注意でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>