リクナビによるプライベートオファーと採用率などの魅力

リクナビNEXTには、転職活動に関する便利な機能が幾つも完備されています。それでプライベートオファーと呼ばれる機能などは、とても魅力的です。採用率などは期待できる機能なのですが、主に書類選考に関するメリットがあります。

1.興味がある事が前提になる

まず大まかな流れですが、次の通りです。

・リクナビNEXTにスカウト登録
・企業が登録情報を見てくれる
・企業側から面接の誘いがある

このシステムのメリットとしては、まず企業が興味を持ってくれる点です。一般応募の場合は、必ずしも興味を持っているとは限りません。例えばフリーペーパーなどで、良さそうな求人広告を見たので、電話をかけてみたとします。

その段階では、企業が応募者に興味を持っている訳ではありません。あくまでも応募者が企業に対する興味がある段階ですね。ですので企業に対して、魅力的な人材だと思ってもらえるように興味付けをしなければなりません。

その労力は、かなり大きいですね。しかしプライベートオファーの場合は、原則として企業側が興味を持ってくれています。その分、応募もスムーズになりやすいのです。

いいとこあれば転職…慎重派のためのプライベートオファー – リクナビNEXT

2.書類選考が無いメリット

それでプライベートオファーの場合、必ずと言って良いほど書類選考がスキップされます。上記のようなフリーペーパーの場合は、まず書類選考からスタートする事も多いですね。

書類に何か問題があると、面接が受けられないケースもしばしば見られます。プライベートオファーは、その書類選考もスキップ可能なのです。それだけスムーズに面接に進めるでしょう。

3.採用される確率も高い

またプライベートオファーによる声かけの場合は、採用率も高めな傾向があります。企業が興味を持っている事が前提なので、通常の応募方法と比べれば、かなりスムーズに採用される訳です。

ですのでいち早く転職先を見つけたい方々にとっては、メリットが大きいですね。

4.採用確定や希望との食い違いなどの注意点

ただ、注意点も幾つかあります。あくまでも興味を持っている段階であって、「採用確定」ではありません。面接を受けたからといって、100%の確率で採用されると限らないのです。

また、希望条件との違いが生じる事もあります。企業側が誤解をして、自分の希望条件とズレが生じるケースも、稀にあります。ただ確率は低いと考えて良いでしょう。

高い内定率が魅力

上記のような注意点はあるものの、やはり採用率の高さは魅力的ですね。一般応募と比べれば、明らかに高確率だからです。一刻も早くどこかの会社で働きたい時には、やはりリクナビNEXTには情報登録をしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>