ネオキャリアで働きたい時にリクナビを経由すると良い理由

求職活動を行う方々によっては、特定の企業に興味を持っています。中には、ネオキャリアという会社に興味をお持ちの方々も居るでしょう。いわゆる人材サービスに関わる企業ですね。

それで介護関連の人材業界で働きたいと望むなら、リクナビNEXTを経由して応募すると良いでしょう。

求人情報の収集 転職成功ノウハウ 転職成功ガイド|転職のリクルート

1.ネオキャリアはどのような会社か

ネオキャリアは、人材業界では比較的有名な会社の1つですね。いわゆる派遣や人材紹介などを行う会社で、設立されたのはつい最近です。16年ほど前に設立された会社なので、比較的若い企業の1つになります。

売上高などは、ここ数年でかなりの勢いで伸びています。特に2,012年付近からは、急激な勢いで売上高が伸びてきているのですね。かなり伸び盛りな会社なのは、間違いありません。

またネオキャリアは、全国の様々な箇所に支店を構えています。最近では日本の各地だけでなく、東南アジアにもその支店を展開している企業なのですね。

2.公式サイトにおける主な募集職種と介護業界

それでネオキャリアでは、中途採用などは公式サイトで募集しています。募集職種は、非常に多彩ですね。ざっと見るだけでも、次のような職種で募集されています。

・保育士の人材紹介
・事業開発
・総務
・PHPエンジニア

公式サイトでは、上記の他にも様々な職種で人材募集を行っています。ただ、それらの中には介護業界に関する募集はありません。

ネオキャリアは介護業界でも関わる人材サービスの1つなのですが、公式サイトにはその求人が特に明示されていない状況です。

3.リクナビに掲載されている介護部門の募集

どうすればネオキャリアの介護部門で働く事ができるかと言うと、それが上述のリクナビNEXTなのですね。ネオキャリアは、リクナビにも広告は出しています。

求人メッセージ欄にて様々な画像を用いてアピールしていますので、それなりにお金をかけて広告を出していると考えられるでしょう。それでリクナビでは、介護業界での人材サービスにおけるカウンセラー職種での募集があります。

介護職として働きたいと望む人材を紹介するサービスを行っているのですが、現時点では営業職に関する募集広告があります。つまり介護施設に対して、ネオキャリアのサービスをアプローチしていくお仕事になるのです。

公式でなくリクナビがおすすめ

このようにネオキャリアは、公式サイトでは明示していない求人情報などを、リクナビに掲載している事があります。ですので介護業界などで活躍したい時には、公式サイトではなく、リクナビ経由で応募するのが良いでしょう。

ちなみに求人の細かい情報などは、リクナビの方が詳しいですね。詳細な情報を知りたい方々にとっても、公式サイトよりはリクナビ掲載の求人がおすすめと言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>