履歴書に関するノウハウをリクナビNEXTでチェック

人事選考では、履歴書は間違いなく重要なポイントになります。そもそも一部の求人では、書類選考があると明示されているでしょう。その際には履歴書の情報も、確認される事になります。

その書類に関する不安がある時には、リクナビNEXTを参照してみると良いでしょう。

1.選考に関わる履歴書の基礎事項を知りたい

上記の書類選考ですが、まず履歴書が充実していないと面接を受けられない可能性があります。書類確認の段階で不採用になってしまえば、もちろん面接を受ける事もできません。

ですので書類の充実度は、とても大切なのですね。ただ自分の書類に関する問題点などは、なかなか分からない事もあります。それゆえに書類に関する注意事項などを、知っておきたいと思う事もあるでしょう。

2.リクナビに掲載されている書き方に関するポイント

それでリクナビNEXTには、履歴書に関する基本的な事柄などは明記されています。具体的に申し上げると、

・修正液の利用可否
・文字数に関する注意点
・志望動機などのポイント

こういった情報が掲載されています。自分で履歴書を書く前に、まずはリクナビに掲載中のこれらの情報を読んでみると良いでしょう。

3.修正液や文字数などに関するポイント

まず多くの方々がミスをしてしまいがちな、修正液ですね。時には書き損じてしまう事もあるでしょう。しかし履歴書は、修正液は利用不可です。どれだけ履歴書に書いた内容が魅力的でも、修正液を用いているだけで不採用になってしまう事もあります。

それがリクナビに、Q&A形式などで書かれている訳です。それと上記2点目の文字数ですが、リクナビとしてはあまり多すぎるのは良くないと明示しています。だらだらと長く書いてしまいますと、企業にとってはマイナスイメージになるからです。

4.志望動機に関することを読んでおく

それと多くの企業担当者が重視するのは、志望動機です。その動機に説得力があるかどうかは、かなり重視される事になります。それでリクナビNEXTでは、志望動機の書き方なども明示してくれています。

どのように動機をまとめれば良いか、端的にポイントが書かれていますので、一読をしておくと良いでしょう。そのために必要な自己分析の方法なども、リクナビには掲載されています。

添削のサービスは無い

このようにリクナビNEXTには履歴書の書き方に関する様々なノウハウが書かれていますので、読んでおくと良いでしょう。ただ1つ注意すべきなのは、リクナビには履歴書添削のサービスはありません。

いわゆる人材紹介会社とは少し違うサービスになります。履歴書はあくまでも自力で作成する事になるのは、要注意でしょう。

どのような職場が自分に合うかが分かるリクナビの適職診断

転職先をお探しの方々は、しばしば職種に関する悩みを抱えています。自分にとってはどういった仕事が一番良いのか、悩んでしまう事もあるからです。

その場合は、リクナビNEXTの診断サービスを活用してみるのが良いでしょう。幾つかの質問に応えていく事で、自分の性格などを診断してくれる訳です。

1.診断ページの見つけ方

どこで適職診断サービスを見ることができるかと言うと、下記の箇所にあります。

・トップページでサイトマップをクリック
・転職ノウハウという箇所の01の2つ目の項目をクリック
・3分で診断という箇所をクリック
・質問文が掲載されたページが表示される

このように順次リンクをたどっていくと、診断の箇所に辿り着けます。もしくは検索エンジンで、リクナビの適職診断などのキーワードで探すと良いでしょう。

2.具体的に掲載された質問文

具体的にはどのような質問が掲載されているかというと、例えば1問目は定時に帰ることを希望するか否かの質問です。毎日必ず決まった時間に帰社するのが望ましいですかという質問があって、それを希望するか希望しないかを選ぶ訳ですね。

その他にも、上司に関する質問があります。尊敬できる人望がある上司の下で働きたいと思うか否かについても、回答してみる訳です。その他にも福利厚生や転勤など、様々な質問項目があります。

全部で22問になりますが、全て回答するまでに要する時間は、3分から5分前後でしょうか。じっくり考えれば、もう少し多くの時間を要する可能性もあります。

3.自分が望む職場環境が診断結果で表示される

それで22の全ての質問に回答したら、青いボタンをクリックします。すると会社における、自分の考え方が表示される訳ですね。

「あなたには、周囲の方々と切磋琢磨できるような職場環境が合っている」という診断結果が表示される事もあれば、「きちんとプライベートの時間を確保できるような職場が、あなたには合っています」との結果になる事もあります。

回答内容に応じて、もちろん診断結果が変わってくる訳です。

自分に合う職場を診断してみる

すなわち適職診断を受けてみると、自分にとってはどのような職場が一番最適なのかが、客観的に分かる訳ですね。自分で考えているイメージとは、全く異なる診断結果が表示される事もあるので、診断を受けてみる価値はあるでしょう。

時には意外な結果が表示される事もあります。ちなみに適職診断を受ける為には、特にお金も必要ありません。無料で最適な職場環境を診断してくれますので、一度ざっと答えてみると良いでしょう。会社選びの参考情報になり得ると思われます。

なぜリクナビNEXTが提供する求人は内定率が高いか

転職活動を行う際には、しばしば内定に関する不安が生じます。というのも求人に応募したからといって、100%の確率で採用されるとも限りません。時には不採用になる可能性はあるでしょう。そしてリクナビネクストには、内定率に関する大きな特徴があります。詳しいリクナビネクストの評判はこちら。

1.早く内定先を決めたい

転職活動で仕事を探す方々によっては、一刻も早い内定を望んでいる事があります。何かの理由でどこかの会社を退職したものの、生活資金が困るケースもあるでしょう。

一刻も早く資金を捻出する為に、早く内定を取りたいと思う方々も珍しくありません。その場合は、内定率が高めな企業に応募する事になるでしょう。中には、かなり内定率が高めな企業もあるのです。

2.内定率が高いオープンオファー

ところでリクナビには、オープンオファーという機能があります。オファーで応募する流れは、下記の通りになります。

・リクナビに求職情報を登録する
・企業が登録情報を閲覧する
・企業が求職者に声をかけてくれる事がある
・企業に応募してみる

こういった流れになります。このような方式で応募した時には、内定率が高めになる事が多いのです。

3.一般よりも採用確率が高いことを示すデータ

というのも、次のようなデータがあります。もちろんリクナビでは、上記のようなオファーでなく一般応募をする事も可能です。誰でも閲覧可能な求人案件を見て、応募ボタンをクリックする方法でも、面接を受ける事はできます。

ところがオファーの場合は、採用率はかなり高めなのですね。一般応募の方法と比べると、3倍程度の確率で採用される傾向があります。

ですので上記のように、いち早く転職先を決めたい方々にとっては、オファーというシステムのメリットは大きいでしょう。早く会社で働きたい時には、リクナビに求職情報を登録しておくと良いですね。

4.オファーの内定率が高い理由

なぜオファーの場合は採用率が高いかと言うと、人事担当者の興味の問題です。そもそも担当者は求職者の情報を閲覧する時に、「この方は良さそうな人材だ」と興味を持つ訳ですね。

一般応募と比べると、その興味の度合いがかなり高めなのです。このためオファーを通じて応募した時には、書類選考がスキップされる事もあります。それだけ高い確率で、採用される傾向があるのですね。

早く働きたい時はおすすめ

このようなシステムが完備されている事を考えると、早くお仕事を見つけたい方々にとっては、リクナビというサイトは非常に便利ですね。効率良く転職先を見つけたいと思うなら、ぜひリクナビを活用すると良いでしょう。

リクルートエージェントとリクナビnextの違いは?

転職するとなると多くの人が必ずといっていいほど登録する「リクナビnext」。しかし、そのサービスとともに注目をされているのが、リクルートエージェントです。

どちらもリクルートグループで、しかも転職者向けに展開されているサービスですが、いまいちサービスの違いがわからないと思う求職者も多いはず。今日はそのリクナビnextとリクルートエージェントの違いと、上手な使い方をご紹介いたします。

1. リクナビnextの特徴は?

リクナビnextの特徴として一番にあげられるのが、やはりその「掲載求人数の多さ」でしょう。これまで長年サービスを展開してきて、時代に合わせて変化もしてきました。

結果、就職や転職=リクナビnextという知名度の高さが、魅力のひとつだと考えています。その知名度の高さから、応募者の登録数も年々増加されており、掲載する企業側の情報もどんどん豊富になっています。

求人情報が豊富になると、そのサイトに登録するだけで、たくさんの情報が得られることを示します。情報を集められるという点では、リクナビnextは群を抜いているサービスだと言わざるをえないでしょう。

転職のそばに【リクナビNEXT】-希望の求人情報がみつかる転職サイト-

2.リクルートエージェントの特徴は?

反対にリクルートエージェントはどのようなサービスでしょうか。こちらはエージェントと呼ばれる就職アドバイザーが求職者と企業の間に立って、マッチング作業をおこなってくれるサービスです。

求職者とは面談や電話面談を実施した上で、企業の紹介をしてくれるので、マッチング精度が高く、採用までたどり着く可能性が高くなります。

求職者としても自分が希望している業種や職種のなかで、特に内定が取れそうなところを優先的に紹介してくれるので、効率的に転職活動を進めることができます。

使うならどっちがおすすめ

それではリクナビnextとリクルートエージェントはどちらがおすすめかというと、やはり決定率の高さからリクルートエージェントのほうでしょう。

確かにリクナビnextにはたくさんの求人情報が載っていますが、そのぶん自分に合わない企業情報もたくさんです。そこに気づかず、たくさんの企業に応募しても時間の無駄にしかなりません。

しかしリクルートエージェントはその逆で、求職者にマッチしそうな会社しか紹介しないようなシステムです。そのため内定を得るまでのスピードが早いです。

また、書類の提出や面接日程の調整などもエージェントが代理で行ってくれるため、効率よく転職活動を進めることが可能です。